<< ホームページ作成カフェ ドコモ、スマホ850万台に引き上げ 通期業績を上方修正、中間は減収減益 | main | ホームページ作成カフェ >>

スポンサーサイト

0
    • 2011.12.05 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    ホームページ作成カフェ 東日本大震災:「水・食料困った」 大泉町在住・在勤の外国人対象にアンケ /群馬

    0
       260人回答
       大泉町は同町在住・在勤の南米系外国人を対象に、東日本大震災について尋ねるアンケートを実施した。8月中〜下旬にブラジル人学校や店舗などで無記名の記入を呼びかけ、260人から回答を得た。
       集計結果によると、「地震直後に一番困ったこと」(自由記述)として(1)水・食料・ガソリン不足(87人)(2)計画停電・節電(44人)(3)恐怖やトラウマ・神経質になった・眠れない(30人)(4)仕事の減少・失業など(21人)(5)情報不足・日本のニュースの正確性・信頼性の問題(20人)−−が挙がった。
       大震災で情報を得た手段(複数回答)は、日本のテレビニュース(181人)▽インターネット(139人)▽携帯電話のニュース情報(67人)−−の順。
       日本語での会話が「通訳なしでできる」は42・3%(110人)にとどまる一方、同町が外国人向けに生活情報を発信している「多文化共生コミュニティセンター」のホームページ(HP)について「見たことがない」が64・6%(168人)、「見る方法がわからない」も11・2%に上り、同町は「周知徹底に努め、きめ細やかな情報を発信したい」としている。
       同町は人口4万1196人のうち、ブラジルなどの南米を中心に6246人の外国人が居住(9月30日現在)している。【亀井和真】


      ホームページ作成株式会社杉山システム

      スポンサーサイト

      0
        • 2011.12.05 Monday
        • -
        • 11:10
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック